head_bg1

ニュース

世界の魚コラーゲンペプチド市場は2019年に2億7100万米ドルと推定されました。業界は、2020年から2025年の予測期間中に8.2%のCAGRでさらに成長すると予想されます。魚は、ペプチドやタンパク質を含む生物活性化合物の豊富な供給源として、製薬および栄養補助食品メーカーの間で大きな関心を呼んでいます。スキンケアやヘアケアでの有効性が報告されているため、魚のコラーゲンペプチドが人気を博しており、これらの業界で継続的な生物活性により、研究者は革新的でより効率的な薬用化粧品を開発しています。

コラーゲンは結合組織の主要なタンパク質であり、その分子はアルファ鎖と呼ばれる3つのポリペプチド鎖によって形成されます。これは、広く使用され、人間の健康に役立つため、人気があり、売れ筋です。

コラーゲンは、天然に存在するタンパク質のグループです。酵素などの球状タンパク質とは機能が異なる長繊維構造タンパク質のひとつです。それはほとんどの無脊椎動物と脊椎動物に豊富にあります。


投稿時間:2020年9月23日